知って得する!!低血圧の改善に効果のある飲み物を紹介!

低血圧は、めまいやだるさ、集中力の低下などによって日常生活に支障を来し、効率的に物事を遂行するのが困難になります。

そんな低血圧を手軽に改善する飲み物があるのをご存知ですか?

スポンサーリンク

また、以前にココアや炭酸水が血圧に良いと耳にした事もありますので、どの飲み物が低血圧の改善に効果的なのか、詳しく紹介していきます!

低血圧の原因は水分不足

低血圧(症)とは、一般的には血圧の値が

100mmHg/60mmHg未満

の状態を目安としていますが、明確な基準はありません。

症状としては、めまいや立ちくらみ、倦怠感(体のだるさ)が現れ、ひどい時は失神を伴う場合もあります。

低血圧の原因には、「本態性低血圧症」、「起立性低血圧症」、「症候性低血圧症」の3つがありますが、このうちで最も割合として多いのが本態性低血圧症です。

本態性低血圧症は、原因となる病気がみられない低血圧の事で、自律神経の働きが乱れたり、血管の反応性が低下する事が引き金になると言われています。

また、心臓の機能や水分の摂取量が血圧に影響してきます。

その理由は、水分量が少なくなると、体内の血液量も減少して心拍出量(心臓が血液を送る力)の低下、循環血液量と末梢の細い血管の抵抗性低下を伴います。

これが、低血圧を引き起こしやすくなる一因となります。

血圧は、心臓のポンプ作用によって血液を血管内に送り出すとともに、栄養や酸素を各器官に運んでいます。

血液量が少ないと心臓のポンプ作用も弱くなり、十分な栄養や酸素を供給できなくなる為、低血圧特有の症状が現れます。

ですから、血液量を維持する為にも飲み物で水分補給をすることが重要です!

ココアと炭酸水は血圧を下げる!?

では、低血圧に良い飲み物とは?

以前、ココアと炭酸水が血圧に良いと耳にした事があったのですが、その真相とは?

順に見ていきましょう。

ココア

まずココアです。

ココアに含まれる4つの成分が血圧と関係しています。

  • エピカテキン:血管の炎症を鎮めるとともに、弾力性を促進する。また、強い抗酸化作用により血管を健やかに保ち、コレステロールを除去して血流を良くする。
  • カリウム:余分になった体内の水分や塩分を排出して血圧を調整する。
  • カカオポリフェノール:血管内にできた炎症を抑え、血管の幅が広がり血流ががよくなる
  • GABA(ギャバ):腎臓の働きを活発にすることで利尿作用を促し血圧を下げる

これらの作用により、ココアは高血圧の予防と改善に効果を示す飲み物になります。

スポンサーリンク

炭酸水

スカッと爽快な炭酸水。

なんとなく炭酸の刺激が低血圧の改善に良さそうなイメージがありますが、その作用とは?

炭酸水には、血管を拡張させて血管壁への圧力を減らすことで降圧作用が期待できます。

もう少し詳しく仕組みをみてみましょう。

炭酸水には、二酸化炭素が含まれているのですが、二酸化炭素を体内に取り込むと、血中の二酸化炭素量が増えて酸素量とのバランスが崩れます。

これにより、細胞は酸欠状態と感じ、酸素の取り込みを増やすために血管を拡張させます。

その結果、流れる血液の量も比例して増えることで、血流が良くなるというわけです。

この炭酸の作用は飲み物としてだけではありません。

炭酸浴に入ると、皮膚から炭酸が浸透して毛細血管に作用し、血管を拡張させてくれるんです!

だから炭酸浴は体が温まりやすいとか疲労回復に良いと言われてるんですね。

すなわち、炭酸水も低血圧の改善ではなく、高血圧の予防や改善の作用があるというわけです。

結果的にココアと炭酸水は、高血圧の予防や改善に作用する飲み物だという事が分かりましたね。

その他にも、お茶やコーヒーなど高血圧の改善に作用する飲み物はいくつかあります。

では、低血圧の改善に良い飲み物は一体何なのか!?

低血圧の改善に良い飲み物は水!?

血液は、約80%が水分で出来ている為、水分が不足すると血液量も減ってしまい、心臓もうまく血液を送り出す事ができなくなってしまいます。

これにより、低血圧を引き起こしやすくなります。

ですから、体内の血液量を正常に保つためにも水分補給が重要になるのですが、飲み物であれば何でもよい訳ではありません。

例えばコーヒーやお茶には、利尿作用のあるカフェインが含まれています。尿が排出されると、体内の血液量が減ってしまいますから、低血圧の悪化を招く恐れがあります。

では、低血圧の改善に良い飲み物は何なのか?

それは、私達の最も身近な飲み物である「」です!

その理由は、吸収のしやすさと余計な成分が含まれていない事にあります。

ただ、水が低血圧の改善に良いと言っても、一度に過剰摂取してしまうと、腎臓に負担がかかってしまう為、注意しなければなりません!

摂取量としては、一度に約200㎖の水を数回に分けて摂取し、一日に1ℓ~2ℓを摂取できるといいですね。

また、一日のうちでも朝の起床時が一番血圧が低く、血液量が少ないので、寝起きにコップ1杯の水を飲むと頭が働きやすくなります。

朝の一杯の水で、内臓の働きが促進され、交感神経が優位になる為です!

また、水は低血圧だけでなく、高血圧の改善と予防にも良い飲み物です。

低血圧に限らず、身体の状態を整える為のベースとして、水分摂取は重要ですから、意識して摂るようにしましょう!

まとめ

低血圧の人は、健康な人と比較すると体内の血液量が少ない傾向にあります。これにより、低血圧を伴います。

その為、飲み物で水分摂取を図ることが大切なのですが、飲み物であれば何でも良いわけではありません。

例えばココアや炭酸水は、高血圧の予防及び改善に作用する飲み物である為、飲みすぎなどには注意が必要です。

低血圧の改善に適した飲み物は、吸収率が高く余計な成分も含まれていない水です。

低血圧の症状で悩んでいる方は、運動や食生活の改善などと並行して水を飲む事を意識しましょう!

こちらの記事もご覧ください。

高血圧の改善に水分が必要なワケ!

スポンサーリンク