後頭部に頭痛が起きる理由と血圧との関係とは!?

頭痛は日常的にもよくみられる症状ですが、その性質や発生部位によっても種類は様々で原因も異なります。

また、頭痛は病気の予兆である場合もある為、安易に見過ごしてしまうのは危険かもしれません。

スポンサーリンク

そこで今回は、頭痛の中でも後頭部に起こる頭痛に着目するとともに、脳卒中の要因となる血圧との関係性にも触れていきたいと思います!

頭痛とは

頭痛は、様々な事が原因となり頭部の痛覚受容器が刺激を受ける事で痛みとなって現れます。

つまり、頭の中で何かしらの異変が起きているという事ですね。

そして、原因や性質により以下の3つに分類されます。

日常的に起こる頭痛

日常的に起こる頭痛は、冷たい物を食べた時や二日酔いなど、持続性のない頭痛の事を指します。

一時的に起こるだけなのですぐに治ります。

慢性頭痛

慢性頭痛は更に、緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛に分けられます。

緊張型頭痛は、不良姿勢やストレスなどで肩や首の筋肉が硬くなる事で生じる頭痛です。

その特徴は、肩こりを併発し、痛みは後頭部を中心に生じます。

片頭痛は、脳にある血管が拡張することでその刺激が周囲の神経に伝わり痛みを生じます。

血液の流れに影響される頭痛である為、ズキンズキンと脈打つような痛みが特徴です。

群発性頭痛は、季節の変わり目などの一定期間(群発期)だけ頻発する頭痛です。

誘引はアルコールがきっかけと言われており、目の奥がえぐられるような強い痛みが特徴です。

症候性頭痛

症候性頭痛はくも膜下出血や脳出血、脳腫瘍などが原因で起こる頭痛です。

脳血管からの出血や腫瘍によって頭蓋内の圧力が高まり、脳内の神経を圧迫する事で痛みを生じます。

脳内の出血は、慢性的に血圧が高い状態が続いていると、発症のリスクが高くなります。

後頭部の頭痛

頭痛が後頭部に起きる原因も3つに分類されます。

緊張型頭痛

慢性頭痛の一種である緊張型頭痛は、スマホやパソコン操作の時など、猫背の姿勢が長時間続く事で後頭部から肩にかけての筋肉が硬くなり、頭痛を生じます。

その仕組みには、後頭部に付着している筋肉の走行が関係しています。

後頭部の骨(後頭骨)から肩や首の骨(頚椎)にかけては多数の筋肉が付着していますが、首を下に曲げる姿勢をとると、それらの筋肉は引き伸ばされる事になります。

ゴムを例にすると分かりやすいのですが、伸長を加えないとゴムは緩んで(弛緩)いる状態ですから、ゆとりがありますよね?

しかし、ゴムの端と端を引き離すように伸ばす(伸張)と、ゴムには伸びたら縮む作用がある為、伸びる力と縮む力が抵抗しあう事で緊張状態が高くなります

筋肉にも伸びたら縮む作用がある為、ゴムと同じような作用が後頭部の筋肉にも生じます。

つまり、首を下に曲げる姿勢によって後頭部と首の骨・肩は離れる事になり、筋肉は引き伸ばされて縮む力との拮抗関係で緊張状態となります。

結果として硬くなった筋肉が血管を圧迫して血行が悪くなり、疲労物質が停滞して頭痛を生じてしまいます。

緊張型頭痛の疼痛部位が後頭部であるのも、上記の理由により不良姿勢の影響が後頭部に及びやすい事が原因であると言えます。

また、精神的なストレスからも筋肉が硬くなったり姿勢が悪くなる為、緊張型頭痛を生じやすくなります。

後頭部に頭痛が生じる原因として片頭痛も関係しています。

片頭痛は血管が拡張した時に周囲の神経を圧迫する事で頭痛が現れ、こめかみ付近にズキンズキンと脈動に合わせて痛みが生じます。

この片頭痛の痛みが拡がって後頭部に痛みが生じる事もあります。

後頭神経痛

後頭神経痛は、精神的ストレスにより生じることが多いと言われています。

また、後頭部には3つの神経が通っており、後頭部から頭頂部(大後頭神経)後頭部から頭の外側(小後頭神経)後頭部から耳の後ろ(耳介神経)を走っています。

これらの神経は、皮膚の表面から頭を支える首の筋肉の中を通って走行している為、姿勢不良で首や肩の筋肉が硬くなっ圧迫を受ける事で後頭部に頭痛が生じます。

別名「スマホ症候群」とも呼ばれている事から、下を向く姿勢が長時間または頻回に続く事が主な原因と考えられています。

もちろんスマホだけでなく、パソコン操作や美容師や看護師など下を向いて作業する頻度の高い職業でも後頭神経痛が生じやすくなります。

その他にも首の骨の変形や感染でも後頭神経痛を生じます。

痛む部位は神経の走行に応じて現れますが、割合としては後頭部から頭頂部(大後頭神経)にかけての痛みが多いようです。

また、車の事故などで首に衝撃が加わった際、鞭打ちになる事がありますが、この時の後頭部の痛みの原因も後頭神経痛によるものです。

ビリビリとした痛みが皮膚の表面に近い部位で起こり、痛みの出現と緩和を繰り返すのが特徴です。この痛みが数日から数週間継続します。

スポンサーリンク

くも膜下出血

脳は、外から硬膜・くも膜・軟膜の3つの膜で覆われています。

くも膜と軟膜の間には脳脊髄液と呼ばる液体があり、脳は液体の中で浮いている状態になっています。

くも膜下出血は、くも膜の下に出血が起きて脳脊髄液に血液が浸出する事で周囲の痛み受容器を刺激して頭痛が生じます。

原因は、脳動脈瘤という血管にできた瘤が破裂する事がほとんどです。

では、くも膜下出血の頭痛は何故後頭部で起きる事が多いのか?

その理由は動脈瘤のできやすい部分が後頭部にあるからです!

脳の底には、首や脊椎など体から上がってきたたくさんの動脈が輪状になって集まっている場所があり、これを「ウィリス動脈輪」と言います。

この集合体から脳の前・中央・後ろなど各所に動脈が伸びていきます。

この脳動脈の集合体の中でも、脳の底や後頭部に伸びる部分に枝分かれする箇所が多くなっているのですが、動脈瘤はこういった枝分かれする動脈にできやすいと言われているんです。

つまり、後頭部や脳底に伸びる血管に動脈瘤ができやすくなる為、くも膜下出血を発症する事で後頭部に頭痛が起きやすくなるわけです。

くも膜下出血の頭痛はバットで殴られたような激しい痛みを伴い、その場に倒れこんだり場合によっては意識を失う事もあります。

意識を失わずとも激しい痛みや嘔吐、麻痺などを併発する場合もありますので、こういった症状が現れた際は注意が必要です。

後頭部の頭痛と血圧

では、後頭部の頭痛と血圧にはどのような関係性があるのでしょうか?

後頭部に頭痛が起きる原因として、3種類の頭痛について解説しました。

これらのうち、くも膜下出血と頭痛、血圧の関係性は重要です!

くも膜下出血の原因は、ほとんどが動脈瘤の破裂という事は先述しました。

血管にできた瘤を風船に例えてみましょう!

膨らんでパンパンになった風船に空気を送り続ければ、容量を超えていずれ破れてしまいますよね?

動脈瘤も同様で、パンパンになった動脈瘤に勢いよく血液が流れこめば、高い血圧に耐えられなくなり破れてしまいます。

ですから、くも膜下出血の予防には血圧のコントロールが必須となります。

血圧が高い状態が続くと高血圧の診断がつきますが、高血圧には自覚症状がない場合がほとんどです。

この事から、別名「サイレント・キラー」と呼ばれているのですが、稀に後頭部の頭痛やめまい、動悸が症状として現れる事もあるようです。

また、脳に病的異常のない緊張型頭痛と後頭神経痛も血圧との関連性はあります。

これらはくも膜下出血に比べると痛みは軽いですが、原因が不良姿勢など生活習慣にある場合、頭痛が慢性的に起きる可能性があります。

これにより、ストレスが蓄積されて血圧を上昇させてしまうかもしれません。

しかし、後頭部に起きた頭痛が必ずしも血圧と関連しているとは限りません。

ですが、いつもと違うような頭痛が続いたり、吐き気などの別の症状も併発している場合は、くも膜下出血のような病気の可能性もあります!

ですから、頭痛が起きた際には念の為に血圧を測る習慣をつけておくと良いかもしれませんね!

まとめ

後頭部に起きる頭痛には

緊張型頭痛、後頭神経痛、くも膜下出血の3つがあります。

緊張型頭痛は、首〜肩の筋肉が硬くなる事で後頭部付近の血管内に疲労物質が停滞して後頭部の頭痛が起きます。

後頭神経痛は、不良姿勢によって硬くなった筋肉が後頭部の神経を圧迫する事で、後頭部の頭痛が起きます。

くも膜下出血は、出血を起こしやすい後方部の血管が破ける事で、後頭部に頭痛が起きます。

緊張型頭痛と後頭神経痛は、頭痛によるストレスから血圧が高くなる可能性があり、くも膜下出血は血圧が高くなる事が発症のリスクを高めます。

こちらの記事もご覧ください。

ロキソニンは頭痛と血圧が高くなった時の対処に効果的なのか!?

スポンサーリンク