重度の後遺症を伴う脳幹出血。その初期症状とは?

脳幹出血は脳出血の一種で、意識障害や呼吸障害など、命にも関わる重度の後遺症を伴います。

脳梗塞は前兆症状がはっきりしている為、予防に取り組みやすいですが、脳出血にははっきりした前兆がありません。

スポンサーリンク

ですから、初期症状を見逃さず、迅速に対応する事が症状の悪化を防ぐ上で大切です。

今回は、脳幹出血の初期症状について解説します。

脳幹出血とは

三大成人病とも言われている脳卒中は、血管が詰まる脳梗塞と血管が破ける脳出血の二つのタイプがあります。

脳幹出血は、脳幹という脳の一部に出血が起こる為、脳出血に分類されます。脳幹は、呼吸や嚥下、意識など生きていく上で不可欠な機能の中枢です。

ですから、血腫(脳内に流れ出た血液が固まったもの)が脳幹を圧迫して周辺の機能が侵されると、寝たきりや命に関わるような重度の後遺症が現れます。

脳幹出血に前兆がない理由

では、同じ脳疾患であるのにも関わらず、何故脳梗塞に前兆があって、脳出血には前兆が見られにくいのでしょうか?

それは、血管に異常が起きる発生機序の違いにあります。

脳梗塞は、血管が詰まる事が問題です。

その発生には、血栓という血液の塊が血管を詰まらせることが原因なのですが、脳で出来た血栓は徐々に大きくなる傾向があります。

そして、少しずつ身体に異変(手足の脱力、痺れ、呂律が回らないなど)を感じるようになります。これが前兆として現れます。

対して脳出血は、様々な原因で血管に負担が掛かっていくのは脳梗塞と似ています。

しかし、血管が破ける事で初期症状として身体に急な異常を感じる為、前兆は現れにくいのです。

つまり、脳梗塞は前兆から症状が徐々に強くなっていく傾向があり、脳出血は症状が完成した状態で現れます。

脳幹出血の前兆

脳幹出血を含め脳出血は、血管が破ける事で脳に異常を来す為、前兆が現れにくい脳疾患です。

しかし、多くはないものの脳梗塞と同じようにTIA(一過性脳虚血発作)という前兆が現れる事があります。

TIAの前兆症状には、片麻痺や感覚障害、言語障害、片側の視覚障害などが現れます。

また、偏頭痛持ちの人は脳出血のリスクが高くなる可能性があります。それは、偏頭痛が脳血管に与える影響が関係しています。

偏頭痛は、何かしらの原因により脳血管が拡がって周囲にある神経を圧迫し、この刺激情報が大脳に送られて痛みとして認識されます。

偏頭痛を起こす度に、脳の血管が過度に広がったり縮む動きを繰り返します

これが頻回に起こると脳血管が傷ついていき、脆くなって脳出血を起こしやすくなります。

また、高血圧は脳幹出血の最大の原因と言われています。血圧が高い状態が続くと血管に負担がかかり続けて硬く脆くなり、破けやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

脳幹出血の初期症状

脳幹出血は、文字通り脳幹(大脳と脊椎の間にある脳の一部)に出血が起きる脳疾患です。

脳の中で出血が起きるという事は、血管の中を流れていた血液が脳内に溢れて拡がり、固まった血液(血腫)が神経や脳そのものを圧迫して障害が現れます。

血液が脳内に溢れていって広範囲に及べば、それだけ重度の後遺症が残ります。ですから、初期症状に早く気付いて受診する事が大切です。

脳出血の初期症状には、めまいや半身麻痺、嘔吐、激しい頭痛、フラつき、痺れなどがあります。

このうち、嘔吐、頭痛、めまいは脳幹に神経や機能中枢がある為、脳幹出血を発症した場合はこれらの初期症状は強く現れる可能性があります。

また、意識障害言語障害も初期症状として現れる可能性があります。

ちなみに、大脳に出血(脳内出血)が起きた場合にも嘔吐、頭痛、めまいが初期症状として現れる事がありますが、これは脳幹にまで影響が出るほどの広範囲の出血であるという事になります。

脳幹出血の予防

脳幹出血は、はっきりとした前兆が現れにくく、根本的な治療ができない可能性がある(脳幹は生命維持に重要な器官である為、手術はリスクが高い)為、初期症状に気付いてからの対応では手遅れです。

ですから、偏頭痛、高血圧を脳幹出血の前兆・初期症状として捉えるという考えも必要だと考えます。

偏頭痛は、精神的ストレスや疲労、ホルモン分泌が不安定になる事が原因と言われており、女性に多い傾向があります。

ですから、心身ともにリラックスするような時間を作り、偏頭痛を起こさない事が大切です。

また、こめかみを冷やす、カフェインを摂取する事は偏頭痛が起きた時の緩和に効果的です。

高血圧は、過度の塩分摂取や飲酒、喫煙、ストレス、疲労、睡眠不足が原因となっており、ほぼ生活習慣が影響していることが分かります。

以上のことから、偏頭痛、高血圧ともに生活習慣が大きく関係している為、生活習慣の改善に取り組みましょう!

まとめ

脳幹出血に、はっきりとした前兆はありません。

また、激しい頭痛や嘔吐、めまい、意識障害が初期症状として現れる可能性がありますが、脳幹出血は手術が適応でない場合が多い為、根本的な改善は見込めません。

ですから、原因となる高血圧や偏頭痛を脳幹出血の前兆・初期症状として捉え、それらの予防に取り組むことが重要になります!

もちろん早めの受診が重要である事に変わりはありません!!

こちらの記事もご覧ください

頭痛と吐き気のミックス症状は重篤な脳疾患?その見分け方とは!?

スポンサーリンク