血圧を下げるツボ【足編】~足ツボは何故痛い?~

足には、身体中の臓器と繋がりのあるツボがたくさんあるのですが、足の位置の関係上、血流が悪くなりやすい部位でもあり、ツボを押すことで痛みを伴いやすいんです。

また、足の血流が関係して血圧が高くなる事もありますが、足のツボには「血圧を下げるツボ」もあるんです!

スポンサーリンク

そこで今回は、血圧を下げる足のツボについて解説していきます。

足ツボが痛い理由

人は他の動物とは異なり、二足歩行で移動を行う為、姿勢や体重、地面の形状などによって足が受ける影響は強くなります。

特に足の裏は、立っている時や、歩く時に唯一地面と接している部分なので、前述した要素の影響をより受けやすく、また、毎日体重が掛かり続けるので、負担も蓄積しやすい場所でもあります。

つまり、筋肉が硬くなりやすい為、血流が滞りやすくなる場所になります。

また、足は身体の一番下に位置していますから、老廃物である尿酸が溜まりやすい場所でもあります。

老廃物が溜まると、その部分はしこりとなり、押すと痛みを伴います。また、血流を滞らせて血圧を高くする要因となります。

尿酸とは、細胞を新しく作る過程や激しい運動をした時に出来る燃えカスのようなものです。

本来であれば、血液とともに流れて尿や汗などで体外に排出されます。しかし、血流が悪くなると尿酸が体内に残りやすくなり、しこりを作ります。

また、血管やリンパの流れが悪くなると経絡の流れが悪くなり、繋がっている臓器の働きに不調をきたす可能性があります。

経絡とは、生命エネルギーであるが流れる道と言われており、これが臓器の健やかな働きに重要になるわけです。この気と血の出入り口となっているのがツボです。

ツボは、経絡の表層(皮膚や筋肉組織)にある反応点である為、弱っている臓器のツボは反応が過敏になり、押すと痛みを伴います。

血圧を下げる足ツボ

足三里(あしさんり)

足三里は、血圧を下げる効果だけでなく、胃が弱っている時や頭痛にも効果的です。

【場所】

膝のお皿(膝蓋骨)から、すねに向かって降りていった時に骨の出っ張りがあると思います。そこから、指二本ほど外にあります。

【ツボの押し方】

少し痛いと感じる程度の強さで、3〜5分ほど行います。

湧泉(ゆうせん)

湧泉には、「元気や生命力が湧いてくる泉」という意味があり、刺激する事で血圧を下げる効果だけでなく、身体のあらゆる不調を改善する効果も期待できます。

【場所】

足の2番目と3番目の指の間から踵側に下っていき、土踏まずの上辺りにあります。

【ツボの押し方】

足の裏は固い事が多い為、少し強めに押します。他の指で、足の指を押さえながら親指で押す方法や拳を作って人差し指で押し込む方法があります。どちらかやりやすい方法で良いと思います。

三秒間隔で押して緩めてを繰り返し、これを足の裏が温かくなるまで続けます。

ふくらはぎ

スポンサーリンク

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれており、重力の影響で下半身に集まった血液をふくらはぎの筋肉のポンプ作用により心臓に戻す役割があります。

実に全身の血液の70%が下半身に集まっているとも言われており、ふくらはぎの役割は重要なものとなっています。

このふくらはぎの筋肉が硬くなったり、足を下げた座位姿勢をとり続けると、血液が下半身に滞ります。

すると、心臓に戻ってくる血液が少なくなる為、心臓は血液の流れを強めて循環の維持を図ります。結果、血圧が高くなります。

工場の流れ作業で、作業の遅い人の働きをベテランがカバーしているような感じでしょうか。ただ、補ったとしても滞る場所が変わらなければ、負担は生じます。

【ほぐし方】
ツボとは話が逸れますが、ふくらはぎのほぐし方を解説します。

ふくらはぎの筋肉は、下腿三頭筋と言って3つに分類され、外側・内側・中央に存在します。ですから、ふくらはぎのマッサージでは、これらに対して実施します。

  1. ふくらはぎの外側と内側を押す
    骨にそって足首から膝に向けて押していきます。強さは、ゆっくりと少し痛む程度の強度で行います。
  2. ふくらはぎの裏側を押す
    1と同様のやり方で、足首から膝にかけて押していきます。
  3. アキレス腱を押す
    アキレス腱は、踵についている腱です。ここが硬いまま激しい運動をすると、アキレス腱断裂の危険を伴います。
    アキレス腱から、ふくらはぎの下三分の一ぐらいまで押していきます。
  4. リンパマッサージ
    両手でふくらはぎを包み込み、軽く圧迫を加えながら膝に向けて滑らせていきます。これにより、足に溜まった老廃物を血液と一緒に心臓に戻していきます。

回数は、3〜5回を目安に左右行いましょう。

筋肉は温めると柔らかくなる為、お風呂上がりに行うとより効果的です。

また、膝を伸ばすとふくらはぎの筋肉は硬くなる為、膝を曲げてリラックスした状態で行うと、より効果的です。

これにより、の血流が促進され、血圧を下げる効果を得る事ができます。

まとめ

足は、身体の下に位置している為、尿酸や乳酸などの老廃物が蓄積しやすい部分です。これらが蓄積するとしこりができ、押す事で痛みを伴います。

また、足の一部であるふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれ、血流が悪くなる事で血圧が高くなります。

ですが、足には足三里、勇泉など血圧を下げるツボがあり、またふくらはぎの硬さを取り除く事でも血圧を下げる効果があります。

足は、トラブルの起きやすい場所でもある為、ツボ押しを試してみてはいかかでしょうか?

こちらの記事もご覧ください。

血圧を下げるツボに即効性はあるのか!?

スポンサーリンク