頭痛に要注意のくも膜下出血。目に後遺症が残る事も!?

長年、日本人の死因の上位にある脳卒中。その脳卒中に分類されるのが、くも膜下出血です。

くも膜下出血といえば、特徴的なのが発症時に突然現われる頭痛です。

スポンサーリンク

しかし、発症後の頭痛にも要注意です!

今回は、くも膜下出血の後遺症として起こる頭痛とあまり知られていない目への影響について解説します!

くも膜下出血とは

脳の表面は、髄膜という膜で包まれており、内側から軟膜、くも膜、硬膜の3層構造で構成されています。

くも膜と軟膜の間には、くも膜下腔と呼ばれる空洞があり、以下の特徴があります。

  • くも膜下腔は髄液で満たされている事で、脳は水の中に浮いたような状態になり、外力による衝撃の影響を受けにくくしている
  • 脳に栄養を送る動脈は、くも膜下腔の中を走行して、脳の内部に入る。

脳の表面にある空洞は、衝撃緩和や栄養を送る為に必要なんですね。

くも膜下出血は、くも膜下腔にある動脈瘤という動脈に瘤が出来た物が破裂する事で生じます。

脳動脈瘤とは、脳の表面を走っている太い血管の分岐部に瘤ができ、これが徐々に大きくなる病変の事です。

くも膜下出血の原因の約80%が、脳動脈瘤の破裂によるものです。他には、脳動脈奇形やもやもや病、動脈解離などがあ原因となります。

破れた動脈から流れた血液は、くも膜下腔を満たす髄液の中に広がります。

くも膜下腔は、脳全体を覆っている為、流れ出た血液は広い範囲で脳に悪影響を与えてしまいます。

これにより、脳内の圧力が増して(頭蓋内圧亢進)激しい嘔吐や意識の低下を生じ、重度の場合には昏睡状態に陥ります。

くも膜下出血は、脳内出血と比較して、血管径が大きい為、発症時の出血量が多く、生命に関わることが多いのも特徴です。

脳内出血が、出血を起こした部位に局所的に影響を及ぼすのに対し、くも膜下出血は広範囲に及ぶため、重症化しやすいというわけです。

そして、くも膜や硬膜には、痛みを感じる受容器が多く分布している事から、くも膜下出血の発症時に強い頭痛を訴える事が多くあるんです。

その多くが

「バットで殴られたような強烈な頭痛」

「今まで経験した事のないような激しい頭痛」

と訴えるほど、激しい頭痛が生じます。

ですが、出血量が少ない場合は頭痛が軽く済むこともあります。

しかし、これが偏頭痛などと混同してしまい、くも膜下出血を見逃してしまうこともある為、注意が必要です。

目に影響するくも膜下出血の後遺症

くも膜下出血の後遺症は、出血の量や滲出する範囲にもよりますが、片麻痺や感覚障害、言語障害が主な後遺症ですが、中にはに後遺症が現われる事もあるんです。

くも膜下出血に伴う目の後遺症には、以下のものがあります。

動眼神経麻痺

動眼神経麻痺とは、目の周りの筋肉を動かす神経の麻痺により、瞼や目が動かなくなる状態のことです。

くも膜下出血の場合、動脈瘤による動眼神経の圧迫が原因で目がうまく動かせなくなります。

症状としては、瞼が上がりにくくなる眼瞼下垂、物が二重に見える複視、目の位置がズレる斜視などがあります。

くも膜下出血を発症しても動脈瘤が起きる場所によっては、動脈瘤が直接動眼神経を圧迫して動眼神経麻痺のみで発症することがあります。

スポンサーリンク

うっ血乳頭

うっ血乳頭とは、脳の中の圧が高くなる事で眼底(目玉の奥)にある視神経乳頭がむくみ、腫れ上がって充血した状態のことです。

原因の約70%が脳腫瘍ですが、くも膜下出血による頭蓋内圧亢進でも後遺症として現われる事があります。

症状には、頭痛や吐き気、嘔吐があり、徐々に視力低下も現れます。

視力低下が長期間続くと、重度の視力低下に悪化したり、視野狭窄などの目の後遺症が現れる可能性があります。

テルソン症候群(硝子体出血)

硝子体とは、眼球の内側にある卵の白身のような形状の組織です。

くも膜下出血によって、脳内の血液が眼球内に逆流する事で目に後遺症が現れるのが、テルソン症候群です。

症状の現れ方は、出血の量によって変わってきます。

少量の場合は、黒い点が動いているように見える飛蚊症。

大量の場合は、突然墨を流した様な影が拡がる。

更に大量になると、血液の塊で視界が遮られる為、明暗しかわからなくなったり、霧の中で物を見ている様な視力低下が後遺症として目に現れます。

くも膜下出血でテルソン症候群が後遺症として現れる確率は、高くはないものの死亡率は、合併していない人の2.5倍と言われています。

くも膜下出血と後遺症としての頭痛

先述した様に、くも膜下出血は発症時に激しい頭痛が起きるのが特徴です。

しかし、発症後も後遺症として頭痛が起きることがあります。

この発症後の頭痛が、予後を左右する重要なサインなんです!

なぜなら、くも膜下出血の発症後、約24時間以内に再出血が多いからです!

そして、再出血を起こすと予後不良となりやすい為、初期治療は、この再出血を防ぎ、発症直後から頭蓋内圧をコントロールする事になります。

頭痛が現われた際は、再出血の可能性があるので要注意です!

まとめ

突然の頭痛で発症するくも膜下出血。

脳全体を覆っている空洞内に血液が滲出する為、広範囲に影響を及ぼし、意識障害や場合によっては昏睡状態、最悪の場合は死に至る事もあるなど、重症化しやすいのが特徴です。

後遺症は、片麻痺や感覚障害、言語障害の他、目に現れる事もあります。

目に現れる後遺症は、動眼神経麻痺、うっ血乳頭、テルソン症候群の3つのタイプがあります。

くも膜下出血の発症時には、突然の激しい頭痛が現れるのが最大の特徴ですが、後遺症として発症後も頭痛が現れる事があります。

それは、再出血を知らせるサインである可能性があります。

また、軽い頭痛でもくも膜下出血を発症する事もある為、ただの頭痛だと思って見過ごさず、早期に対応を行う事が、予後に大きな影響を及ぼす事を忘れてはいけません!

こちらの記事もご覧ください。

両親の脳疾患は遺伝する!?その可能性について徹底解説!

スポンサーリンク