高血圧の改善にどんな薬が使われているか知っていますか?

病院に行き、高血圧と診断されると処方されるのが、血圧を下げる薬である降圧薬です。

ただ、高血圧を改善する薬にも種類は様々で、細かい作用や副作用にも違いがあります。

スポンサーリンク

自分が飲んでいる薬がどんなものかを理解しておくことも健康を考える上では必要ではないでしょうか?

そこで今回は、高血圧の改善に使用される薬について解説していきます!

今回は、「日本高血圧学会の高血圧治療ガイドライン2014」の情報を参考に解説していきます。

高血圧の定義

高血圧の改善を考える上でまず大切なのは、どこからが高血圧なのか?という点ですよね。

近年、私達日本人で高血圧と言われたことのある人が多くなっており、実に3人に1人は高血圧であると言われています。

高血圧は生活習慣が大きく関連していますから、食生活の欧米化や仕事や日常でのストレス、運動不足などが影響を及ぼしているのかもしれませんね。

まず正常血圧について解説していきます。

正常血圧は3つに分類されます。

  • 至適血圧「120/80mmHg未満」
  • 正常血圧「120〜129/80〜84mmHg未満」
  • 正常高値血圧「130〜139/85〜89mmHg未満」

至適血圧の至適とは、「きわめて適している」という意味で使われるように、最も安定していて体に適している状態と言えます。

その為、至適血圧は心疾患や脳卒中などのリスクがもっとも低いと言われています。

また、正常高値血圧は正常血圧に分類されているものの、高血圧の一歩手前です。

ですから、運動習慣や食生活の改善など、血圧の改善に取り組んだ方が良いかもしれません。

そして高血圧は次のように分類されます。

  • I度高血圧「140〜159/90〜99mmHg未満」
  • II度高血圧「160〜179/100〜109mmHg未満」
  • III度高血圧「180/110mmHg以上」
  • 孤立性高血圧「140mmHg以上/90mmHg未満」

これら高血圧に該当する場合、至適血圧と比較すると心疾患や脳卒中の発症リスクが優位に高くなると言われています。

また、これらの値は診察室血圧の値です。名前の通り診察室で測定する血圧を指します。

病院に行くと緊張してしまう人は多いですから、血圧は上がりやすくなるわけですね。

私は病院の雰囲気や匂いですぐに緊張してしまいます(笑)

高血圧の改善の目標値は?

一般的な血圧の目標値は、「140/80mmHg」とされていますが、年齢や状態によって目指すべき目標値は異なります。

例えば

  • 若年・中年・前期高齢者(65歳以上74歳未満)「140/90mmHg未満」
  • 後期高齢者(75歳以上)「150/90mmHg未満」
  • 糖尿病患者「130/80mmHg未満」
  • 脳卒中・心疾患患者「140/90mmHg未満」

以上も診察室血圧の目標値です。

後期高齢者の降圧目標値が高めに設定されていますが、これは高齢者に臓器障害を伴う場合が多く、急に血圧を下げ過ぎると重要臓器に支障をきたす恐れがある為です。

その為、薬の効果の程度や症状をみながら慎重に高血圧の改善を図る必要があります。最終的には後期高齢者においても「140/90mmHg未満」を目標値とします。

高血圧の改善に使われる薬

高血圧の改善に使われるは、以下の5種類が主要に使われます。

  • カルシウム拮抗薬
  • ARB
  • ACE阻害薬
  • 利尿薬
  • β(べーた)遮断薬

カルシウム拮抗薬

動脈の壁の中には平滑筋と呼ばれる筋肉があり、この筋肉が収縮する事で血管が細くなり血圧が高くなります。

この平滑筋の収縮は、細胞内にカルシウムイオンが流れ込む事で起こります。

カルシウム拮抗薬はカルシウムイオンの流入を防ぎ、平滑筋の働きを抑えることで血管を拡げて高血圧を改善する薬です。

初めての降圧薬として使われる事が多いなど、高血圧の改善に最も多く使用されている薬です。

副作用には

  • 動悸
  • ほてり
  • 頭痛
  • 浮腫
  • 歯肉増生
  • 便秘

などがあります。

カルシウム拮抗薬は、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと必要以上に強い効果(血圧低下や心拍数増加)が出てしまう為、禁忌となっています。

ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)

ARBは、カルシウム拮抗薬の次によく使われる血圧を下げる薬です。

アンジオテンシンIIとは、血圧を調整するために体の中で作られる物質の事で、血管収縮やナトリウム再吸収の働きにより血圧を上げる作用があります。

ARBは、このアンジオテンシンIIに作用して上記の働きを抑える事で高血圧の改善に働きます。

その他、心筋梗塞の抑制、長期的な腎機能悪化の防止、脳循環の改善、動脈硬化の防止、糖尿病の発症抑制などの効果があります。

副作用は低頻度ですが、めまいを伴う事があります。また、妊婦・授乳婦への投与は禁忌とされています。

スポンサーリンク

ACE阻害薬

体に備わっている血圧を上げる仕組みであるレニン-アンジオテンシン系を抑制する事で高血圧の改善を図ることができます。

詳しくはこちらを参照してください。

二次性高血圧になる仕組み【レニン-アルドステロン系って?】

ACE阻害薬は、冠動脈(心臓に栄養を送る動脈)疾患を防止し、また心筋梗塞の二次予防に効果的とされています。

副作用としては空咳がありますが、これがかえって高齢者の誤嚥性肺炎を防止するとの報告もあります。

誤嚥性肺炎とは、飲食物が誤って食道ではなく、気管を通過して肺に入り、肺炎を起こす病気です。

本来であれば、気管に飲食物が入ってもむせ込みとして肺に入るのを防ぎます。

しかし、高齢になると咳が出にくくなったり、反応が鈍くなる事で誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

従って、ACE阻害薬の副作用にある空咳が誤嚥性肺炎を防ぐと言われているようです。

副作用が体を守る事もあるんですね。

利尿薬

塩分を多く摂ると体の中の塩分濃度を薄めようと喉が渇いて水分の摂取量が増えます。すると体内の水分量が増えるのに比例して血液量も増加し、高血圧を伴います。

利尿薬は体内に溜まった塩分(ナトリウム)を尿として排泄するよう促進する作用があり、体内の水分量を調整する事で高血圧の改善に働きます。

利尿薬の適応は、高齢・腎疾患・食塩感受性の亢進による高血圧に対して改善の効果がある薬です。

副作用には低ナトリウム血症(倦怠感、意識障害、痙攣など)、低カリウム血症(脱力感、嘔吐、便秘、多尿など)などの電解質(ミネラル)異常があります。

また、耐糖能(血糖値を正常に保つ)低下、高尿酸血症などの代謝異常も副作用として認められています。

β遮断薬

心臓や血管にはβ受容体と呼ばれる情報の受け皿の様なものがあります。

ここに交感神経系の神経伝達物質であるノルアドレナリンが興奮を伝える事で、心拍数増加や血管収縮が起こり、血圧が上がります。

β遮断薬は、β受容体を遮断してノルアドレナリンとの結びつきを抑えることで高血圧を改善する薬です。

高血圧の改善として最初に選ばれる事はない薬ですが、若年層の高血圧や心臓の病気に適応となります。

副作用には、徐脈や糖・脂質の代謝異常があります。

気管支喘息を患っている方には禁忌と言われています。

降圧薬使用の主な流れ

まず、降圧薬の使用を考える上で適応的な疾患などのない高血圧の場合、カルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬の4つの薬から第一選択薬を選びます。

そして、一般的に高血圧の改善の薬は、単剤を少量から開始していき、副作用が出た場合や降圧効果が認められない場合は、他の薬を検討します。

また、改善の効果が少ない場合には薬の増加や併用を検討し、適応具合に応じて3剤、4剤を併用していく事もあります。

単剤のみでは高血圧の十分な改善(降圧目標値の達成)には至りにくいと言われている事から、併用して服用していく事が多くなります。

降圧薬は、長期の服用を視野に処方される為、出来る限り副作用がないようにゆっくり時間をかけて降圧を図り、体への負担を軽減する事を考えます。

高血圧を改善していくスピードとしては、数ヶ月かけて目標血圧の値に到達していくぐらいが副作用もなく望ましいと言われています。

効果がすぐに見えないと不満を抱く人もいると思いますが、焦らず効果が出てくるのを待つ事も必要です。

高血圧の改善のために降圧薬を服用する際、他の薬を併用している場合は薬の組み合わせによっては重篤な副作用が生じる事もある為、自己判断で薬を減らしたり中止する事はせずに、医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

 

まとめ

高血圧の改善には主要な5種類の薬があり、適応疾患や効果に応じて数や量を調整していきます。

降圧薬を服用する場合で大切な事は、薬は対症療法でしかない為、血圧を下げる事はできても高血圧を治す事はできません!

ですから、医師と相談しながら継続して薬を服用して病気の予防を図るとともに、根本的な原因を少しでも改善できるよう出来る事から実施していきましょう!

こちらの記事もご覧ください。

ロキソニンは頭痛と血圧が高くなった時の対処に効果的なのか!?

スポンサーリンク