【必見】高血圧の人が運動をするべき理由とは!?

高血圧の人が運動をするべき理由が、そこにはある(サッカーのCM風)。

という事で、今回は高血圧の人が運動をした方が良い理由を具体的に解説します!

スポンサーリンク

これを読めば、運動をしなきゃ!

と思う事、間違いなし!!

たぶん(笑)

では、運動と高血圧に関連した3つの理由から、運動をするべきって流れに持っていきますね(笑)

どうも!みやっちです♪

まず始めに、高血圧の怖さの理由について触れていきますね!

ただ、高血圧については、他の記事でも結構書いてるので、内容が重複している部分もあるかもしれません。

なので、

「読んだ事あるよ〜」

または

「それ、知ってるよ〜」

って人は飛ばしちゃって下さい!

高血圧が危険な理由

高血圧が危険な理由、それは血管をボロボロにしてしまう事ですね。

血圧が高い状態が続くと、血管は動脈硬化と言って、血管内にゴミ(コレステロール)が溜まったり、血管壁が硬くなる状態になります。

するとどうなると思いますか?

血管が

切れ?

ます!

自分でやっててうっとうしいので辞めます(笑)

動脈硬化になってしまうと、血管が硬くなる為、切れやすく、そして詰まりやすくなります。

結果として、脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなるわけです。

脳卒中の後遺症は一生モノ?

僕は仕事で何十人と脳卒中の方を見てきましたので、ハッキリ言います!

脳卒中の後遺症(麻痺、言語障害、感覚障害など)は一生残ります!

もちろん、リハビリをすれば良くなりますし、出血や詰まりの程度が軽ければ、ほぼ後遺症が残らない事もあります。

しかし、一度残った症状は一生付きまとい、生活の自由を奪ってしまいます

具体的に言えば

  • 一人で歩けない
  • 好きなものを食べれない
  • 人とコミュニケーションがうまくとれない
  • 転びやすいからケガが多い
  • 感覚を感じないから怖い
  • 好きな所に行けない

などのように、日常生活に支障を来します。

しかし、これはあくまでも一例です。

仮に目立った後遺症がなくても、血管には確実にダメージが蓄積しています

また、脳卒中は寝たきりになりやすい病気でもあります。

そうなったら、一生ベッドの上です。

突然死の心筋梗塞

心筋梗塞は、突然死の可能性のある病気です!

「一般社団法人 日本生活習慣予防協会」の調査によると

  • 心筋梗塞を起こして30日以内に死亡する確率は6〜7%
  • 心筋梗塞発症後、14%の人が病院に搬送される前に心停止

との結果が出ています。

元日本代表のプロサッカー選手である松田直樹選手も心筋梗塞で亡くなりました。

これが、高血圧が危険な理由です。

高血圧が怖い理由を数字で見る

ではここで、高血圧が危険な理由を数字で具体的に視える化してみましょう!

  • 収縮期血圧(最高血圧)が10mmHg上昇すると、脳卒中のリスクが男性で約20%、女性で約15%高くなります。
  • 収縮期血圧が10mmHg高くなると、心筋梗塞や狭心症の危険度が約15%も増加します。

更に

血圧が120/80mmHg以下の人が脳卒中になるリスクを「1」とすると

  • 130〜139/85〜89mmHgの人で、約1,7倍
  • 高血圧の人(140/80mmHg以上)では、約3,3倍
  • 180/110mmHg以上の高血圧では、約8,5倍までリスクが高くなる

また、「高血圧ガイドライン 2014年版」では以下のように書かれています。

  • 高血圧に起因する死亡者数は年間約10万人と推定される
  • 心血管病(脳卒中や心疾患)死亡の約50%、脳卒中罹患の約50%以上が、至適血圧(120/80mmHg)を超える血圧高値に起因するものと推定される
  • 全死亡者(2007年)のうち、約20%が至適血圧を超える血圧によって発生するものと推定された

高血圧は、死や重大な後遺症を招く病気のリスクを確実に高くします!

それを防ぐ為にも高血圧を予防する事が大切なのですが、中でも運動が重要な理由があります!

高血圧の人が運動をするべき3つの理由

高血圧の人が運動をするべき理由が、ここにはある…(サッカーのCM風)。

という事で、話を進めていきます(笑)!

高血圧と運動との関連性で考えた場合、運動不足が高血圧を引き起こす、ある3つの理由があるんですよ!

【理由その1】肺が衰える

皆さん「肺活量」って知ってますよね?

息を最大限吸い込んでから、どれだけ息を吐けるかっていうものです。これが肺の機能の指標になっているわけです。

肺活量は、加齢によって衰えていきますが、運動不足で肺の働きが弱くなれば、当然肺活量も衰えていきます。

ん?

肺と血圧がどう関係しているんだ??

って部分を説明しますね♪

心臓と肺は、酸素と二酸化炭素を交換しています。

で、全身の血管には酸素量を測るセンサーがあるのですが、仮に肺の機能が衰えて身体の中に取り込む酸素量が減ると、血管は酸素不足を感知し、心臓に「酸素もっと送って!」と指令を出します。

すると、心臓は働きを強めて心拍数を上げてたくさんの血液を送り出します。

これが慢性化すると、結果として高血圧となってしまうわけです。

【理由その2】筋肉が硬くなる

突然ですが、立って膝を伸ばした状態で、足に向かって手を伸ばしてみてください!

どれだけの人がつま先まで手を付ける事ができるでしょうか?

筋肉は運動不足になれば硬くなりやすいという事です。

いやいや、身体の表面にある筋肉と血圧がどう関係してんのよ?

ってところを今度は解説しますね♪

それは、血管の周りにも薄い筋肉があるからです!

運動不足になれば、血流は促進されません。

つまり、血管の動きに変化がない為、当然血管の周りの筋肉は硬くなってしまいます。

硬くなった血管内を強引に血液が流れれば…高血圧になりますよね?

スポンサーリンク

【理由その3】内臓脂肪の蓄積に注意!

内臓脂肪とは、文字通り内臓周りに付く脂肪です。

内臓脂肪が付く原因は、過食や運動不足で、女性よりも男性に付きやすい脂肪です。

内臓脂肪について詳しくはこちらを参照してください!<<<男性に多いリンゴ型肥満!理由と効果的なダイエット方法教えます!>>>

男の人のお腹がぽっちゃりとしやすいのもこういった理由があるんです。

実はこの内臓脂肪が厄介な理由は、アディポサイトカインという物質の働きを阻害することにあります!

なんかどこかの呪文みたいな名前が出てきましたね(笑)

アディポサイトカインは、体の働きを調整する生理活性物質の一種です。

その作用は

  • 食欲を抑える
  • 傷ついた血管の修復
  • 血圧を下げる

などがあります。

内臓脂肪が溜まると、この物質の分泌異常を起こして上記の働きを阻害し、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

これにより、高血圧だけでなく、糖尿病や脂質異常症をも誘発してしまいます。

以上を踏まえると、運動不足は、肺や筋肉の働きを低下させ、肥満を促進させる事で高血圧を引き起こすことになります。

しかし逆に考えれば、運動を行う事でこれらに対してまとめてアプローチすることができ、高血圧の改善を図ることができるんです!

中でも、肺をよく使い、長時間体を動かす有酸素運動が効果的となりますね!

これが、高血圧の人が運動をするべき理由です!

ただ、他の記事でも書きましたが、力を過度に入れるような運動は、血圧が急上昇してしまうので、高血圧の人は避けてください。

高血圧に良い運動は、ウォーキングや水泳などの軽めの運動です。

で、軽めの運動が何故高血圧に良いのかと言うと、血圧の上昇が少ない事と運動後に血圧が下がるからです。

運動と高血圧の改善について詳しくは、こちら<<<【高血圧を運動で改善!どれくらいの期間で効果が出る?】>>>

ですので、運動を行えば血圧が下がる理由がここにあるんです(笑)

高血圧に対して無頓着な理由?

これは僕の仕事や日常で感じた事でもあるのですが、高血圧の人は血圧に対してあまり気にしていないという人が多い気がします。

その理由は何なのでしょうか?

この数値を見て下さい。

  • 高血圧の治療率(高血圧有病者のうち降圧薬服用者の割合)は,60歳代男女で50%以上,70歳代男女で 60%以上となった。
  • さらに管理率(降圧薬服用者のうち血圧 140/90mmHg未満の人の割合)は,男性では約 30%,女性では約 40%にとどまって

これは「高血圧ガイドライン2014」の調査結果なのですが、高血圧で病院には行っているものの、その後の血圧の管理が不十分である結果となっています。

実際、僕の周りでも血圧の値を気にせず過食を継続し、運動をしない人の方が多いです。

また、仕事での経験では、薬を継続的に飲まない人や中にはこっそり捨てちゃう利用者さんもいました(笑)

これだけ血圧に無頓着な人が多いのも高血圧の別名「サイレントキラー」であるが故でしょうね。

自覚症状がない場合が多いので、危機感が芽生えにくいんです!

健康も病気も日々の積み重ねで決まります。

この記事で、少しでも健康への意識高血圧の怖さを感じてもらえたら嬉しいです!

まとめ

高血圧が怖い理由、それは血管をボロボロにして動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞などの病気のリスクを高めてしまう事が理由として挙げられます。

脳卒中に伴う片麻痺や感覚障害、言語障害などの後遺症は程度の差こそありますが、完全には治らない事がほとんどです。

それにより行動の自由が制限され、活動の幅も狭くなってしまいます。

心筋梗塞に関しては、突然死に至りやすい病気でもある為、ある日突然倒れてそのまま帰らぬ人となる事もある恐ろしい病気です。

高血圧は、確実に病気のリスクを高めます!

これが、高血圧が怖い理由です。

その高血圧の予防と改善に重要なのが、運動です!

その理由は、運動不足が慢性化すると

  • 肺活量の低下
  • 血管周りの筋肉が硬くなる
  • 肥満

などが要因となって、高血圧を引き起こすからです!

運動をしなければ、上記のような様々な問題が現れますし、逆に考えれば、運動をすれば様々なリスクを軽減できます!

しかし、高血圧の改善に対する取り組みの意識が低いのも事実。

高血圧の怖さを知り、運動を始めて健康を維持していきましょう!

「運動」とかけまして

「フワッフワなタオル」と解く

その心は、どちらも「柔軟(剤)」が大事です。

みやっちでした!

こちらの記事もご覧ください。

【必読】高血圧の運動のリスクと注意点について解説します!

スポンサーリンク