その量はトマト以上!?ケチャップの栄養成分と5つの健康効果を紹介!

当たり前のように食卓や外食でも見かける「ケチャップ」

たかが調味料と侮るなかれ!

実はケチャップにはトマト以上に豊富な栄養成分が含まれているんですよ!!

そこで今回は、気になるケチャップの栄養成分と健康効果を5つ紹介していきます。


実はみやっちもケチャップが大好きで、オムライスやウインナー、マックのポテトを食べる時には必ずケチャップを付けます!

中には”食べ物がケチャップの器だ!”という人もいるくらいに愛されている調味料ですよね(極端な例ではありますけど笑)

しかもケチャップには旨味が凝縮しているので、お味噌汁など料理の隠し味に使用するケースもあるんですよ。

という事で今回の記事では、以下のポイントに絞って解説していきます!

今回のPoint!
  1. ケチャップの栄養成分
  2. ケチャップの健康効果
  3. 1日に使う量の目安

それではいきましょう( ´ ▽ ` )ノ

ケチャップの主たる栄養成分は「リコピン」

みやっち
こんにちは!現役作業療法士(リハビリの専門家)×食育アドバイザーのみやっち(@miyabro2)です

ケチャップの主たる原材料は皆さんご存知のとおりトマト!

トマトの他にも

  • 糖類(砂糖・ぶどう糖果糖液糖など)
  • 食塩
  • たまねぎ
  • 香辛料

詳しい作り方はここでは割愛しますが、ケチャップにはこれらの材料が使われています。

主な原材料にトマトが使われている事もある為、栄養成分としては「リコピン」が最大の特長!

リコピンとは植物に含まれる色素成分の事で、トマトの鮮やかな赤色の他、柿やマンゴーのオレンジ色の成分もリコピンが含まれているからです!

そしてケチャップに含まれるリコピン最大の特長それは、トマトの2倍以上も多い事!

ほんまかい!と疑ってしまいそうですが、それが本当なんです。

濃度はトマトの約2〜3倍とも言われているんです!

その理由は、ケチャップに使用されるトマトは”ケチャップ専用”に加工されて作られてるから!(※1)

ケチャップ用トマトの特長は、皮がかたく、真っ赤な色をしている事。

画像転用元:http://www.japan-tomato.or.jp/process/

リコピンは色素成分と先述しましたが、色が濃いという事は、それだけリコピンがたっぷり含まれてるって事なんです。

豆知識

ケチャップは、基本的に着色料は不使用。

その理由は、ケチャップ用のトマトは鮮やかな赤色である事から着色料を使わなくても真っ赤な色を出せる為。

ケチャップその他の栄養成分

ケチャップには、リコピンの他に塩分、糖質、ビタミン類も含まれています。

糖質

糖質は100gあたり約25.6gで、マヨネーズ27.25g、中濃ソース29.8gと比較すると少なめです。

とは言え、原料に糖類が含まれているので付け過ぎには注意が必要です。

塩分

塩分はケチャップが100gあたり3,3gに対して中濃ソースが5,8g、マヨネーズが1,8g。

日本人の食事摂取基準(2015年版)では、塩分の目標摂取量を18歳以上女性では1日7.0g未満、男性では8.0g未満としています。

以上を踏まえると、ケチャップの塩分量は多すぎるわけではないですが、摂り過ぎは塩分過多を招く為、注意が必要ですね。

ビタミン類

ケチャップのビタミン類には、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンCといった抗酸化作用のある栄養成分が含まれています。

いずれも含有量としては微量にはなりますが、栄養バランスの補助として活躍してくれそうです。


ケチャップの栄養効果5選

ケチャップの栄養効果【5選】
  • アンチエイジング
  • 生活習慣病の予防
  • 免疫力アップ
  • ストレス抵抗力アップ
  • 冷え性や肩こりの改善

ここからは、みやっちが特にお伝えしたいケチャップの栄養効果を5つ紹介しますよ!

ケチャップの栄養効果1「アンチエイジング」

ケチャップの主な栄養成分であるリコピンは、抗酸化作用と言って細胞を劣化させる活性酸素を除去してくれる効果があります!

つまり肌の劣化を防いでシミやシワを防止するなどアンチエイジングの効果があります。

しかもリコピンはβカロテンの約2倍の抗酸化作用があるんです!

更に、ビタミンE,C,Aは3つ合わせてビタミンエース(ACE)とも呼ばれていて、3つ揃うと抗酸化作用の相乗効果でアンチエイジング効果がアップするんです!

だからケチャップには、アンチエイジング効果が秘められてるんです(^^)

ケチャップの栄養効果2「生活習慣病の予防」

活性酸素によって細胞が劣化する事は先述しましたが、それは肌だけでなく血管も同じです。

血管は劣化すると動脈硬化を引き起こして高血圧、脳卒中や心疾患などの生活習慣病のリスクを格段に高くしてしまいます。

ケチャップの抗酸化作用は、血管の劣化も防いで生活習慣病の予防に効果を示します!

ケチャップのビタミンエースやリコピンは病気のリスクを減らしてくれる効果もあるんです。

ケチャップの栄養効果3「免疫力アップ」

ケチャップに含まれるビタミンAには、皮膚や粘膜を健康に保つ事でウイルスや細菌から身を守る効果があり、ビタミンCには白血球を活性化させる効果があります。

どちらも結果的に免疫力をアップさせる事に繋がります!

免疫力を上げる事は、健康な生活を送る上では必須なので、日頃から食事や運動で意識していきたいですね。

免疫力アップのビタミンCを摂取するには、果物がオススメ!こちらの記事では、ビタミンCを始め総合的に栄養価の高い果物を紹介していますので、参考にして下さい。

果物の栄養を比較|コスパの良い果物はどれ!?

2020.08.21

ケチャップの栄養効果4「ストレス抵抗アップ」

ストレスは精神的なものに限らず、病気や怪我、暑さ・寒さなど身体に加わるストレスも含まれます。

ケチャップに含まれるビタミンCは、これらのストレスに対抗するホルモンを合成する役割があり、これにより心身に降りかかるストレスと戦っているんです!

ちなみにビタミンCは、大部分の動物は体内で合成できるのですが、人間はそれが出来ないんです。

つまりストレスに対抗する為には、ケチャップを始め食事からビタミンCを補給する必要があるんです!

ケチャップの栄養効果5「冷え性・肩こりの改善」

ケチャップの効果で血管の衰えを防ぐ事ができれば、血行が良くなって冷え性や肩こりの改善にも繋がります。

また、ビタミンEには末梢神経を拡げる効果もあるので、血行不良による身体のトラブルを改善する効果があります。

ケチャップは1日どのくらいまで大丈夫?

厚生労働省が平成30年に行った調査によると、日本人の1日あたりの平均塩分摂取量は

  • 男性:11g
  • 女性:9.3g

18歳以上の成人の1日の目標摂取量7.0g未満(女性)、8.0g未満(男性)を上回っています。

ケチャップは100gあたりの塩分が3.3gと比較的に塩分が多いので、最低でも半分の50g以下に抑えるのが良いのではないでしょうか。

ちなみに50gは「大さじ3杯(大さじ1が15g)」くらいです。

基本的に世の中の食品は塩分が多めなので、どんなにケチャップが好きでも程々にした方が良さそうです。

参考文献

  1. 一般社団法人 全国トマト工業会
  2. 文部科学省 第2章 日本食品標準成分表
  3. カロリーSlism
  4. 野菜ナビ

まとめ

ケチャップの栄養成分をまとめると

ケチャップの栄養成分
  • リコピン
  • ビタミン類
  • 塩分
  • 糖質

が多く、中でも着目すべきはトマトの約2〜3倍濃度が濃いリコピン!

ケチャップ用に色の濃いトマトを作るので、色素成分であるリコピンも多くなるんですね。

ケチャップから得られる効果は5つ!

ケチャップの栄養効果5選
  1. アンチエイジング
  2. 生活習慣病の予防
  3. 免疫力アップ
  4. ストレス抵抗力アップ
  5. 冷え性や肩こりの改善

特に含有量の多いリコピンの抗酸化作用が特長になります。

たかが調味料と侮るなかれ!

ケチャップの抗酸化作用で、肌も血管も若々しく保ちましょう!

とは言え、摂り過ぎは塩分オーバーになるのでご注意を。

こちらの記事もご覧ください。

【高血圧の人必見】高血圧の改善に塩分の見直しが重要な理由とは!?

2017.09.22