アメリカンチェリーの栄養素・効能と日本産チェリーとの違い

アメリカンチェリーとはアメリカで作られるさくらんぼの総称です。

その効能には、脳卒中や心筋梗塞の原因となる動脈硬化の予防の他、アンチエイジングやむくみの予防があります。

では、アメリカ産と日本産のチェリーの栄養素に違いはあるのか!?

今回は、国産とアメリカ産チェリーの栄養素の違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

アメリカンチェリーの栄養素はミネラルが豊富

アメリカンチェリーとは、その名の通りアメリカ産のさくらんぼの総称。

国内産のさくらんぼと比較するとサイズが大きく、果肉が締まっていて日持ちするのが特徴で、甘味が強くて濃厚な味わいが楽しめます。

アメリカンチェリーの真っ赤な色合いは、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」という色素の為です。

アントシアニンの効能
  • 眼精疲労回復・視力改善
  • 夜間の視覚機能、暗順応機能の促進
  • 抗酸化作用による目や肌などの細胞の劣化を防止
  • コラーゲンの合成促進
  • 血管の保護と強化、血液サラサラ
  • 抗炎症・抗潰瘍作用

栄養素としては、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれています。

カリウムは、体内の余分な塩分(ナトリウム)を尿として体外に排出して血圧を調整する他、筋肉の正常な働きをコントロールしています。

マグネシウムは、神経の興奮を抑えたり、体温や血圧を調整する働きがあります。

ちなみに、アメリカンチェリーが店頭に並ぶ(旬の時期)のは5〜7月頃になります。

Point!

アメリカンチェリーの栄養素にはミネラルが多く含まれている為、健康維持の効果が高い

アメリカ産チェリーと日本産チェリーの違い

ではアメリカ産と日本産のチェリーの栄養素やカロリーに違いはあるのか、まずは成分表で見ていきたいと思います。

以下は100g中(可食部のみ)の栄養素の値になります。

また、1房2粒付きのチェリー(可食部のみ)の重さは約10gになります。

なので1粒あたりの栄養素の値は、下記の表の1/10になります(^^)

kcalたんぱく質脂質炭水化物カリウムカルシウム
さくらんぼ60kcal1.0g0.2g15.2g210mg13mg
アメリカンチェリー66kcal1.2g0.3g17.1g260mg15mg

 

マグネシウムリン亜鉛マンガン
さくらんぼ6mg17mg0.3mg0.1mg0.05mg0.00mg
アメリカンチェリー12mg23mg0.3mg0.1mg0.08mg0.11mg

 

αカロテンβカロテンβクリプトキサンチンβカロテン当量レチノール当量ビタミンD
さくらんぼ13mcg81mcg21mcg98mcg8mcg0
アメリカンチェリー020mcg7mcg23mcg2mcg0

 

αトコフェロールβトコフェロールγトコフェロールδトコフェロールビタミンKビタミンB1
さくらんぼ0.5mg00000.03mg
アメリカンチェリー0.5mg00000.03mg

 

ビタミンB2ナイアシンビタミンB6葉酸パントテン酸ビオチン
さくらんぼ0.03mg81mcg21mcg38mcg0.24mg0.7mcg
アメリカンチェリー0.03mg20mcg7mcg42mcg0.29mg0

 

ビタミンC飽和脂肪酸一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸食物繊維総量
さくらんぼ0.02mg0.04g0.05g0.05g1.2g
アメリカンチェリー0.02mg0.02g0.02g0.03g1.4g

差が大きい栄養素には色でチェックをしてみました。

では、国産・外国産それぞれの栄養素の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

国産のチェリーはビタミンが豊富

国産のチェリーの栄養素は、外国産と比較すると「カロリーが低くビタミンが多い」という特徴があります。

ビタミン類には、疲れ目の改善や疲労回復、糖質や脂質の代謝、美肌などの効果や免疫機能の向上にも働きます。

その為、ダイエットや体調を整えるなど生活のパフォーマンスを上げる要素が強いと言えます!

目が疲れる、肌荒れがあるなどの不調には国産のチェリーがオススメ!

アメリカ産のチェリーはミネラルが豊富

アメリカンチェリーの栄養素には、先述したようにカリウムやマグネシウム、リンなどのミネラルが国産と比較して多くなっています。

これらにより、高血圧や動脈硬化予防などの他、骨や歯・エネルギーの形成に関与するなど生命を維持する為の効能が主となっています。

また、国産チェリーと比較するとカロリーが若干高めである事も特徴の一つですね。

高血圧や心疾患、骨粗鬆症などの持病がある人はアメリカンチェリーがオススメ!

チェリーの取扱量1位は山形、2位は…

チェリー(さくらんぼ)の生産量ナンバーワンはご存知の通り山形県なのですが、日本のスーパーで売られているチェリーで2番目に多いのがアメリカ産なんです!

これはっちょっと意外!

それだけ国外産のチェリーは僕達日本人に馴染みがあるって事ですね(^^)

まとめ

国産のチェリーとアメリカンチェリーの栄養素の違いを比較すると

  • 国産チェリーはビタミン類が多く、肌荒れや目の疲れを改善して体調を整える効能が強い
  • アメリカンチェリーはミネラルが多く、病気を予防して健康を維持する効能が強い

という事が分かりました。

とは言え、共通してビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているので美肌や疲労回復効果は高いですね(^^)

また、気になるカロリーは20粒で60〜66kcalと低カロリーなのもグッドポイント!

他にも皮を剥く、包丁で切るなどの工程が必要なく手軽に食べられるのもチェリーの魅力。

健康効果を高める為にも、普段の食生活にチェリーを加えてみてはいかがでしょうか。

健康効果の高いおからなら、おかずに加えやすいのでオススメ!詳しくはこちらをチェックしてみて下さい。

おからはダイエットにオススメの栄養効果がある!気になる糖質についても解説

2020.03.21
スポンサーリンク